成形技術

当社は、射出成形(インジェクション)をはじめ、インジェクションブロー、ダイレクトブローなどの成形技術を用いて、お客様の多様なニーズに中小ロット・短納期でお応えします。

射出成形(インジェクション)

粒状の樹脂を高温で溶融し、閉じた金型の空洞部に加圧射出した後、金型内で放熱・硬化させることにより、金型空洞部に相当する形を(容器形状)を造る工法です。 当社は薄肉容器のハイサイクル成形を得意としております。

インジェクションブロー

2ステージ・アウトライン・インジェクションブローの分業生産体制

射出成形(インジェクション)であらかじめ造り置きしておいたプリフォーム(一時成形体)をブロー成形で膨らませて製品にします。射出成形とブロー成形を異なる行程で生産(2ステージ・アウトライン・インジェクションブロー)することで、これまだは困難とされてきたポリプロピレンやポリスチレンを原料とした広口インジェクションブロー容器の中小ロット生産を可能にしました。

ダイレクトブロー

熱可塑性樹脂を加熱して作ったパイプ(=パリソン)を合わせ型ではさみ、その中に空気を注入して膨らませ、型の内面に密着させたのち、冷却固化して取り出す成形方法です。当社は牛乳瓶型の容器をプリン用に生産しております。

Evernoteにクリップ!